不動産競売物件を手に入れる

管理人自ら、不動産競売を落札し手に入れたノウハウと情報収集の方法などの知識、経験と情報をお伝えするサイトです。

基礎知識入札方法農地の入札資料を読む現地調査開札・返還金代金納付引渡命令情報リンク集競売物語
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産競売の対象となる物件

―不動産競売の対象となる物件―

基本的に、管轄区域内の不動産はどんなものでも競売の対象になりますので注意が必要です。


例えば、
①一般の人にとってほとんど利用価値のない土地や建物

②建物が建てられない土地

③買受け後直ちに破壊して敷地を明け渡さなければならない建物

④買受後も他人に長期間貸し続けなければならず、賃料を受ける利益しかない土地や建物

⑤金融機関の融資を受けられない土地や建物

競売の特徴でもありますが、申立てがあると、法律上売却に支障がなければ、競売の対象になります。

通常の売買では取引できないような不動産も競売の場合は、売却対象になりえますので、知識のない素人の方には敷居の高い取引形態でした。

しかし、インタネットでの裁判所の資料が閲覧できたり、引渡命令などの法整備に伴い、落札後の一番の心配ごとでもあった、物件の引き渡しが容易にできるようになり、現在では個人さんの入札もかなり増えました。

そのためもあり、年々落札金額が上昇しています。

スポンサーサイト

不動産競売(けいばい、きょうばい)とは

―不動産競売(けいばい、きょうばい)とは―

簡単に説明しますと、借金を返せなくなった人が強制的に不動産をとられる手続きのことです。

簡単に説明しすぎてはいますが、所有者に意志に関わらず、強制的に不動産を売却させられる手続きのことです。


通常の取引・売買はプロの仲介業者さんを通し、購入します。
借金返済のための売却、買い替えのための売却、ローン返済がしんどくなったのための売却など売却理由はともかく、売却の意思のある売主さんがプロの業者さんに売却を依頼して販売がスタートします。


所有者の意思とは無関係に不動産を売却するのが、不動産競売の最大の特徴です。



―担保不動産競売事件と強制競売事件―

担保不動産競売事件と強制競売事件の2種類があります。

担保競売とは、○○(ヶ)○○○○ となっている事件番号です。

自宅を購入する際、銀行などの金融機関から融資をうけての購入の場合、必ず「抵当権」を設定します。

抵当権とは、担保権の一種になり、(ヶ)で始まる不動産競売事件のほとんどは、この担保競売です。


強制競売とは、○○(ヌ)○○○○ となっている事件番号です。

裁判所の判決や裁判所での和解又は調停で決まった競売事件。公証人が制作した公正証書の内容を実現するためなどの競売事件です。

どちらにしても、借金を返済できなくなったことが原因です。所有者の意思に関係なく、売却される点が共通しており、通常の取引・売買とは大きく異なる点です。

もうひとつ、形式競売事件というものもありますが、債務の清算ではなく、遺産分割、共有物分割、破産手続上の換価など不動産を売却してお金に換える必要があるときに、競売手続をその手段として利用するものです。

事件の性質に応じ(ヌ)又は(ヶ)と表示されます。



不動産競売物件を手に入れるTOP

副業・兼業でお金持ち大家さんになる
めざせ、不動産投資で月々20万のキャッシュフロー
新米★サラリーマン大家さん日記(収益不動産投資術)
副業でアパート経営・マンション投資
金持ち父さんを目指す-お金と自由を手に入れる

ホーム

Home

不動産競売の基礎知識

不動産競売物件の入札方法

不動産競売物件、農地の入札

裁判所の資料(ファイル)を読む

不動産競売物件、現地調査の方法

開札・落札者の決定と保証額の返還

落札後の手続き(代金納付)

引渡命令と強制執行

不動産競売物件情報リンク集

競売ノンフィクション物語

おすすめの本・DVD

 
  

リンク

プロフィール

レフティー

Author:レフティー
投資用不動産を3件所有し、実践してきた競売物件を手にいれスムーズな引き渡しの方法などをお伝えします。

FC2カウンター

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。