不動産競売物件を手に入れる

管理人自ら、不動産競売を落札し手に入れたノウハウと情報収集の方法などの知識、経験と情報をお伝えするサイトです。

基礎知識入札方法農地の入札資料を読む現地調査開札・返還金代金納付引渡命令情報リンク集競売物語
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所資料(ファイル)とは

―裁判所資料(ファイル)とは―

不動産競売は事件番号ごとに、物件情報が管理されていますが、ひとつ一つに裁判所の書記官が調査し、まとめた資料があります。

各管轄の裁判所に行けば自由に閲覧、見ることができます。

最近では、インターネットにてこの資料を閲覧することができるようになりました。※対応していない裁判所もあります。


その不動産競売の資料(ファイル)には、次の4つに分かれて記載されています。

そのうちの、物件明細書、現況調査報告書、評価書が三点セットと言われている物件の状況や不動産鑑定士が算出した評価額が記載されています。この三点セットの内容をより理解できるようになれば、物件の選別が早く、現地調査をすべき物件が絞れてくるようになります。


1、期間入札公告書

物件の表示が記載されています。売却基準額、買受可能価額、買受申出の保証額、固定資産税・都市計画税の年額、期間入札期間などが記載しています。

手続き、売却条件の重要な情報ですので、必ず確認をして下さい。


2、物件明細書(三点セット)

裁判所の書記官が、現況調査報告書、評価書その他の資料を検定し、買受人が負担することとなる他人の権利(主に賃借権)、法定地上権の概要、その他物件の占有関係など買受けの参考となる事項を記載したものです。

不動産競売をめぐる複雑な権利関係に対する裁判所書記官の一応の認識が記載されており、買受けを希望される方は内容を理解しておく必要がある重要な書面です。

物件明細書は単独ではわかりづらいかもしれませんが、現況調査報告書、評価書及び物件明細書と併せて確認してください。


3、現況調査報告書(三点セット)

差押えに近接した時点で執行官が売却物件についての現地調査をした結果を記載した報告書です。

現況調査報告書には、建物については公簿との相違点、占有者及び占有状況、敷地の内容などが記載されています。

土地については公簿との相違点、占有者及び占有状況、売却対象建物以外の地上建物などが記載されています。

その他の借地権の内容、地代や管理費の額や滞納の状況なども記載されいます。

現況調査報告書には、占有状況は現況調査を行ったときの現実の状況がそのまま記載れています。裁判所書記官の認識は物件明細書に記載されていますので、双方を見比べて占有状況などを判断してください。

地方裁判所により、この現況調査報告書作成日から公告され資料を閲覧できるまでの、期間が違いますので、調査の日時などを確認するようにして下さい。

占有者がすでにいなかったり、滞納額が違っていることが多々あります。

先に述べますが、現地調査がより重要になります。


4、評価書(三点セット)

評価人による物件の評価額(売却基準額の根拠)の算出の過程などが記載されています。

また、評価書にはその物件の、建築基準法関係の規制内容や物件所在地の環境、物件詳細内容、ライフライン供給処理施設の整備状況なども記載されていますから参考にして下さい。



不動産競売物件を手に入れるTOP


副業・兼業でお金持ち大家さんになる
めざせ、不動産投資で月々20万のキャッシュフロー
新米★サラリーマン大家さん日記(収益不動産投資術)
副業でアパート経営・マンション投資
金持ち父さんを目指す-お金と自由を手に入れる

スポンサーサイト

ホーム

Home

不動産競売の基礎知識

不動産競売物件の入札方法

不動産競売物件、農地の入札

裁判所の資料(ファイル)を読む

不動産競売物件、現地調査の方法

開札・落札者の決定と保証額の返還

落札後の手続き(代金納付)

引渡命令と強制執行

不動産競売物件情報リンク集

競売ノンフィクション物語

おすすめの本・DVD

 
  

リンク

プロフィール

レフティー

Author:レフティー
投資用不動産を3件所有し、実践してきた競売物件を手にいれスムーズな引き渡しの方法などをお伝えします。

FC2カウンター

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。