不動産競売物件を手に入れる

管理人自ら、不動産競売を落札し手に入れたノウハウと情報収集の方法などの知識、経験と情報をお伝えするサイトです。

基礎知識入札方法農地の入札資料を読む現地調査開札・返還金代金納付引渡命令情報リンク集競売物語
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通常の取引、売買と不動産競売物件の違い

不動産競売物件、現地調査の方法
現地、競売物件調査の基本 | 通常の取引、売買と不動産競売物件の違い | 競売物件の現地調査方法 | 現地調査の注意点 | 


―通常の取引、売買と不動産競売物件の違い―

私自身、昼の仕事で不動産売買の仲介の営業をしております。

ふだん私が扱う、通常の取引・売買物件では、たち営業マンが市役所や法務局にて物件の調査をして、重要事項説明書と契約書を作り、購入するお客様に、宅地建物取引主任者が説明をしなければいけない義務があります。

当然なにかミスがあれば、私たちが責任を取ることになります。

よほどのことがない限り、素人である買主が不利になることはありません。

しかし競売物件は、この調査や説明が一切なく、自分で現地を調査し、裁判所の資料(特に三点セット)をよく理解し、自己責任での入札、取引になりますので、十分な調査が必要です。

なにか起こったときの、責任は自分自身で取らなければいけません。裁判所はなにもしてくれないと思って下さい。
スポンサーサイト

≪ 競売物件の現地調査方法ホーム現地、競売物件調査の基本 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

不動産競売の基礎知識

不動産競売物件の入札方法

不動産競売物件、農地の入札

裁判所の資料(ファイル)を読む

不動産競売物件、現地調査の方法

開札・落札者の決定と保証額の返還

落札後の手続き(代金納付)

引渡命令と強制執行

不動産競売物件情報リンク集

競売ノンフィクション物語

おすすめの本・DVD

 
  

リンク

プロフィール

レフティー

Author:レフティー
投資用不動産を3件所有し、実践してきた競売物件を手にいれスムーズな引き渡しの方法などをお伝えします。

FC2カウンター

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。