不動産競売物件を手に入れる

管理人自ら、不動産競売を落札し手に入れたノウハウと情報収集の方法などの知識、経験と情報をお伝えするサイトです。

基礎知識入札方法農地の入札資料を読む現地調査開札・返還金代金納付引渡命令情報リンク集競売物語
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競売物件の現地調査方法

不動産競売物件、現地調査の方法
現地、競売物件調査の基本 | 通常の取引、売買と不動産競売物件の違い | 競売物件の現地調査方法 | 現地調査の注意点 | 


―競売物件の現地調査方法―

現地調査自体はそんなに、難しくありません。

基本は、所有者や近隣の人たちには、できるだけ会って話をするようにしてください。

いきなりの訪問で、いやな顔をされたりすることもありますが、あくまでどんな人が所有者なのかを確認するのが目的です。

常識のある人かどうかの判断ができる程度の、軽い感じでOKです。

所有者が居住中の場合は、近隣の人達の聞き込みは必要ない場合もあります。

空家や所有者がつかまらないときなどは、隣近所への聞き込みをします。

そのときも、どんな人なのかを軽く聞く程度で大丈夫です。家族構成などを聞き出せればなおよいです。

現地調査をしたら、裁判所の資料では、「所有者居住中」になっていたものが空き家になっていることもありますので、必ず現地調査をして下さい。

マンションなどの区分所有物件の場合は、管理人さんへの調査も忘れずに行なってください。


管理人さんから聞ける情報には貴重なものもあります。

たとえば、居住中の場合、どんな人が住んでいるのかなど常識人であれば、その後の交渉がやりやすくなります。

あと、同じように現地調査をしている競争相手がいるかどうかなどの情報も聞けたりします。
スポンサーサイト

≪ 現地調査の注意点ホーム通常の取引、売買と不動産競売物件の違い ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

不動産競売の基礎知識

不動産競売物件の入札方法

不動産競売物件、農地の入札

裁判所の資料(ファイル)を読む

不動産競売物件、現地調査の方法

開札・落札者の決定と保証額の返還

落札後の手続き(代金納付)

引渡命令と強制執行

不動産競売物件情報リンク集

競売ノンフィクション物語

おすすめの本・DVD

 
  

リンク

プロフィール

レフティー

Author:レフティー
投資用不動産を3件所有し、実践してきた競売物件を手にいれスムーズな引き渡しの方法などをお伝えします。

FC2カウンター

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。